コロナ

コロナ禍の読み方意味を知恵袋で調べてみて納得!コロナ禍の年賀状文章はいつも通り?

コロナ禍意味

Pocket

コロナが治まらない日々、よく使われるようになったのが「コロナ禍」という言葉。

よく見かけますが、私、最近まで読み方も意味もよくわかっていませんでした。

気になっている方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は「コロナ禍の読み方意味を調べてみて納得!コロナ禍の年賀状文章はいつも通り?」と題してお伝えします。

きっとみなさん曖昧だと思います。

いろんな場面で「コロナ」というキーワードは出てきますが、「コロナ禍」というキーワードは、テレビやラジオでしか聴かない…。

この「コロナ禍」で年賀状のことも最近あーだこーだ言われてるし。

それでは「コロナ禍の読み方意味を調べてみて納得!コロナ禍の年賀状文章はいつも通り?」なのか検証します。


コロナ禍の読み方意味を調べてみて納得!

コロナ禍読み方

「コロナ禍」読み方

その場しのぎで読み進もうとすると、「コロナウズ」とか言ってしまう私ですが、上には上がいて「コロナなべ?」なんて読む方もいるわけで…。

右側の漢字の造り部分「咼」の付く漢字

「過」は「カ」と読みますよね。

というわけで

「禍」も「カ」

「コロナ禍」は「コロナカ」と読みます。

コロナ禍の意味

「禍」という漢字、今まで何度か見たことあるのに、こんな使い方(コロナ禍)をしたことがなかったので、ピンと来なかったんですが、

「禍(わざわい)を転じて福と為す」

これですよ。

コロナから来る「禍」(わざわい)
コロナが引き起こす「禍」

これが「コロナ禍」のことです。

新型コロナウィルスが招いた禍、災害、危機的なものや状況を意味します。

 


コロナ禍の年賀状文章はいつも通り?

年賀状

いろいろ調べているうちに出てきたのが、「コロナ禍における年賀状の文章・文例」について、いろいろ示されていること。

コロナ禍で影響を受けられた方への配慮、さりげない一筆があるとよりよい年賀状に早変わり。

定番の年賀状を送る場合も、コロナ禍にちなんだあいさつ文や一筆添える方も多いのではないのでしょうか?

コロナ禍に沿った文例

相手を気遣う文章、再会できる日が早く来ることを祈る文章、コロナ禍が収束することを願う文章など。

難しいですよね。

一番大切でわかりやすいのは「コロナ禍」という言葉は使わない!

年賀状に「禍」というマイナスイメージの漢字を使わないことです。

PONTA
PONTA

あまり深く考えなくても、「年始向けの明るい書状」をイメージすれば大丈夫です。

文例ほんの一部

一日も早く収束することを祈るとともに
本年もお会いできるのを楽しみにしております。

体調には十分ご配慮なさり ますますご活躍くださるようおお願い申し上げます。

まとめ

今回は「コロナ禍の読み方意味を知恵袋で調べてみて納得!コロナ禍の年賀状文章はいつも通り?」と題してお伝えしました。

コロナ禍…読めるようになって、ひとつまた勉強になりました!!

年賀状の文章だけでなく、身も心も前向きに行きたいですね。