goto

GoToトラベルキャンペーンは延長いつまで?緊急事態宣言の再発令は必要?

GoToトラベル一時停止?

Pocket

札幌市と大阪市に続いて、東京都にも一部の方に自粛要請が出ました。

しかし、それは札幌市と大阪市のようなガッツリした取り決めとは少し違いました。

札幌市と大阪市は一時停止
より深刻な東京は自粛

新型コロナに第三波? GoTo制限
GoToトラベルはいつまで最新情報は?感染拡大防止のため終了はあり得る?最近のコロナの感染者の急増で、第三派波が来る、今後のクラスターの防止、インフルエンザとの二重感染の回避、いろんなことが心配・危惧されてい...

来年はオリンピック開催もあって、いろんなことが山積みです。

どうなるんでしょうか?

そこで今回は「GoToトラベルキャンペーンは延長いつまで?緊急事態宣言の再発令は必要?」と題してお伝えします。

GoToトラベルの期間、緊急事態宣言の再発令について、審議や提言の機会が増えそうです。

では、「GoToトラベルキャンペーンは延長いつまで?緊急事態宣言の再発令は必要?」と題して見ていきます。


GoToトラベルキャンペーンは延長いつまで?

 現在の確定情報

政府は、
GoToトラベル事業を、2021年6月末まで延長を決定

2021年1月末までの予約で終了としていたはずが延長を決定。

札幌市と大阪市のGoToトラベルの中止や不要不急の外出の自粛を実施しても治まらず、東京都の新規感染はかなりの増加現象。

「GoToトラベルの一時停止」の提言あり

「GoToトラベルの一時停止」検討の方向

「GoToトラベルの一時停止」考えず

菅首相が「GoToトラベルの一時停止」をしない意向へのコメント

「そもそも観光関連の方が約900万人いて、全国にホテルや旅館、従業員、お土産の製造、販売される方などが観光を支えている。観光に従事している方が地域を支えているのも事実」と指摘。

「5、6月は稼働率が1割とか2割。そうした人たちがこのままいったら事業を継続できないという状況の中でGotoをさせていただいた。旅行関連が特別ということじゃなくて…。」

引用:朝日新聞デジタル

はじめにお伝えしたように、政府は、
GoToトラベル事業を、2021年6月末まで延長する

まだ終わらせない様子。

なんでGoToトラベルキャンペーンは、今延長?

政府は8日、第3弾となる経済対策を閣議決定し、GoTo事業は延長されることになりました。
菅義偉総理大臣:「新たな成長に向けた対策を盛り込んでおり、直接の経済効果としてはGDPに換算して3.6%程度と見込んでおります」

少し前に各ニュースでこの発言はたくさん取り上げられています。

PONTA
PONTA
有名観光地だけでなくて、以前の状態への回復にまだ厳しい観光地やまだ知られていない名所も、これを機会に足を運んでもらって、日本全体が繁栄してほしいという思いが強いらしい。

それに加えてGoTo事業を一気に撤退・止めてしまうと、経済が一気に破綻してしまう可能性が大であるとしており、急激な落ち込みを鑑みての一時停止の決断をしがたいようです。

shui
shui
現在の状況:GoToトラベル事業を2021年6月末まで延長

GoToトラベルキャンペ-ン、延長されたら変更点はある?

今言われているのはこの点。

GoToトラベルキャンペ-ンの割引率を下げる

現在は、GoToトラベルキャンペ-ン割引対象(ツアーや宿泊施設)から35%引き。

実際に宿泊すると、宿泊施設から、GoTo地域共通クーポン15%分の合計50%を減らす

PONTA
PONTA
GoToトラベルキャンペ-ンの割引率は、現在検討中。

2020年3月頃までは、現状維持の「旅行援助35%+地域共通クーポン15%」のようです。

しかし、予約や手配する段階、旅行中なども、割引率は確認して下さいね。

いつ大きな変更があってもおかしくないです

やっぱり変更??

GoToトラベルの決断
GoToトラベル一時停止地域最新情報はいつまで適用?GoTo停止への懸念や不安の声もご紹介!GoToトラベルの内容が一転二転しています。 そこで今回は「GoToトラベル一時停止地域最新情報はいつまで適用?GoTo停止への懸...

緊急事態宣言の再発令は必要?

GoToトラベルの延期や中止を話している場合ではない?

国民の70%以上が緊急事態宣言を出すべきだとしています。(12/9現在)

けど、経済持続・破綻を避けるためには緊急事態宣言の再発令は踏み出せないようです。

まとめ

GoTo画像

現在の状況:GoToトラベル事業を2021年6月末まで延長

今回は「GoToトラベルキャンペーンは延長いつまで?緊急事態宣言の再発令は必要?」と題してお伝えしました。

ここからどう進捗していくのか、国民の大半が現在実践すべきと思うことに踏み込めない政府に打開してほしいです。